2014年度研究業績
ボックス2 学術雑誌論文:6件
[1] 脇田 航,古川耕平,八村広三郎,田中弘美,``反射光解析に基づく薪能のリアルタイムCG表現,'' 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, vol.20, no.1, pp.25--34, Mar. 2015.
[2] 田中士郎,高柳亜紀,土田 勝,坂口嘉之,田中弘美,``高分解能マルチバンドHDR画像解析に基づく織物の分光反射率推定,'' 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, vol.20, no.1, pp.35--44, Mar. 2015.
[3] Liang Li, Woong Choi, Kozaburo Hachimura, Keiji Yano, Takanobu Nishiura, Hiromi T. Tanaka,``Virtual Yamahoko Parade Experience System with Vibration Simulation," ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.248--255, July 1, 2014.
[4] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka,``A Digital Archiving for Large 3D Woven Cultural Artifacts Exhibition," ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.236--247, July 1, 2014.
[5] Yasuhiro Nishiwaki,Wataru Wakita, and Hiromi T. Tanaka,``Real-time Anisotropic Reflectance Rendering of Noh-Costume with Bonfire Flickering Effect," ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.217--224, July 1, 2014.
[6] Wataru Wakita,Jiro Hara,and Hiromi T. Tanaka,``A Real-Object-Oriented Exhibition System of Ukiyo-e of Anisotropic Reflection Properties," ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.209--216, July 1, 2014.

ボックス2 国際会議論文:12件
・全文査読付:4件
[1] Shiro Tanaka, Aki Takayanagi, Masaru Tsuchida, Yoshiyuki Sakaguchi and Hiromi T. Tanaka, ``Estimating Spectral Reflectance of Fabrics from High-Resolution Multi-band HDR Images,'' Proceedings of the 21st Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision, Mokpo, Korea, Jan. 29. 2015.
[2] Mary-Clare Dy, Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T. Tanaka, Masaru Komori, ``Hierarchical Examination of Colliding Points Between Rigid and Deformable Objects,'' Asia Haptics, Tsukuba, Nov 20. 2014.
[3] Ryo Kuriki, Kazuyoshi Tagawa, and Hiromi T. Tanaka, ``A Surgery Simulator Using an Optimized Space and Time Adaptive Deformation Simulation on GPU,'' Asia Haptics, Tsukuba, Nov 19. 2014.
[4] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, ``An Unconstrained Tactile Rendering with Tablet Device based on Time-series Haptic Sensing with Bilateral Control,'' Proceeding of the ACM SIGGRAPH 2014 Posters, no. 44, Vancouver Convention Centre, Canada, Aug. 2014.

・アブストラクト査読付:3件
[1] Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori and Sigehiro Morikawa, "A study on recognizing surgical processes for analyzing training logs in VR Laparoscopic cholecystectomy training", CARS2014, Fukuoka Convention Center, Fukuoka, June 25-28, 2014.
[2] Yasuhiro Nishiwaki, Wataru Wakita, Shiro Tanaka and Hiromi T. Tanaka, "Anisotropic Reflectance Rendering of Noh-Kimono Costumes in Dynamic Lighting Environments with Bonfire", Proceedings of the Fifth IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP) 2014, accepted, Intel campus in Santa Clara, California, May 3-4, 2014.
[3] Kazuyoshi Tagawa, Naoko Omi, Hiromi T. Tanaka, Masaru Komori, Yoshimasa Kurumi and Sigehiro Morikawa, "Expression of Anomalies of Cystohepatic Duct and Artery with Ligament Using Modular Structured Organ Model in a Laparoscopic Surgery Simulator", International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Volume 8, Supplement 1, 2014.

・査読無:4件
[1] Atsushi Kosato, Garcia Josue David, Asuka Wakao, Masayuki Sohgawa, Masanori Okuyama, Haruo Noma, and Hiromi T. Tanaka, ``Evaluation of Effect on Visual and Tactile Impression in Texture Display Based on Fine Surface Profile,'' Asia Haptics, Tsukuba, Nov 19. 2014.
[2] Ryo Kuriki, Kazuyoshi Tagawa, and Hiromi T. Tanaka, ``Optimization of Space and Time Adaptive Deformation Simulation on GPU,'' The 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2014) , Beijing, Oct 17. 2014.
[3] Akifumi Nakamura, Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, and Masaru Komori, ``Expert’s Gaze Points Estimation in Assessing Laparoscopic Surgical Skill,'' The 10th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2014) , Beijing, Oct 16. 2014.
[4] Shiro Tanaka, Yoshiyuki Sakaguchi, Hiromi T. Tanaka,``Extracting subsurface scattering properties of silk-like fabrics from high-resolution HDR images,'' Symposium on ``Future of Shitsukan Research'', p.32, Jul. 2014.

・招待:1件
[1] Liang Li, Kyoko Hasegawa, Takahiro Fukumori, Wataru Wakita, Satoshi Tanaka, Takanobu Nishiura, Kozaburo Hachimura, Hiromi Tanaka, ``Digital Museums of Cultural Heritages in Kyoto: The Gion Festival in a Virtual Space,'' Proceedings of the HCI International 2014, Creta Maris, Heraklion, Crete, Greece, Jun. 2014, Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge in Applications and Services, Lecture Notes in Computer Science, vol.8522, pp 523--534, Jun. 2014.

ボックス2 国内会議論文:15件
・全文査読付:3件
[1] 田川和義,田中弘美,小森優,来見良誠,森川茂廣,``低侵襲手術訓練システムの開発 -実時間何組織シミュレーションと手術手技の遠隔教示,'' 看護理工学会,第二回看護理工学会学術集会,豊中市・大阪大学,Oct 5, 2014.
[2] 丸谷宜史,田川和義,島田伸敬,田中弘美,小森優,来見良誠,森川茂廣,「腹腔鏡下手術の技能分析・学習支援のための 手術プロセス認識手法の検討」,看護理工学会,第二回看護理工学会学術集会,豊中市・大阪大学,Oct 5, 2014.
[3] Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori and Sigehiro Morikawa, "A study on recognizing surgical processes from training logs for VR Laparoscopic cholecystectomy surgery training support", MIRU2014 第17回画像の認識・理解シンポジウム, ポスター, 岡山コンベンションセンター, July 28-31, 2014.

・アブストラクト査読付:4件
[1] 加藤十磨,田川和義,丸谷宜史,田中弘美,神田 輝,赤羽克仁,佐藤 誠,``6自由度力覚提示装置を用いた手術手技訓練支援の基礎的検討,'' 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋大学, 名古屋市, Sep.19, 2014.
[2] 田上想馬,神田 輝,赤羽克仁,佐藤 誠,田中弘美,丸谷宜史,``手術シミュレーションのための手首力覚提示装置に関する研究,'' 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋大学, 名古屋市, Sep.19, 2014.
[3] 小里 篤史,ホスエ ダビット ガルシア,若尾あすか,寒川雅之,奥山雅則,野間春生,田中弘美,``MEMS触覚センサによる微細表面形状計測に基づく振動子を用いたテクスチャ再現と評価,'' 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋大学, 名古屋市, Sep.19, 2014.
[4] 栗木 涼,田川和義,田中弘美,``GPU上での時空間適応的変形計算の効率化,'' 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋大学, 名古屋市, Sep.18, 2014.

・査読なし:8件
[1] 脇田 航,田中士郎, 古川耕平, 八村広三郎, 田中弘美,``反射光解析に基づく薪能における能装束の質感再現,'' 2015年1月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 奈良先端科学技術大学院大学, 生駒市, Jan. 22, 2015.
[2] 田中士郎,坂口 嘉之,田中弘美,``高分解能マルチバンドHDR画像を用いた織物の微小構造に基づく鏡面反射の色度解析,'' 2015年1月コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 奈良先端科学技術大学院大学, 生駒市, Jan. 22, 2015.
[3] 田中士郎,高柳亜紀,土田 勝,坂口嘉之,田中弘美,``高分解能マルチバンドHDR画像解析に基づく織物の分光反射率推定,'' 日本色彩学会,第22回視覚情報基礎研究会,中央大学,2014年12月6日.
[4] 田川和義,丸谷宜史,M.C.Day,田中弘美,来見良誠,小森優,森川茂廣,``遠隔たち点手術シミュレータの実地試用実験~空間的制約の無い効率的な手術訓練の実現に向けて~'', 日本コンピュータ外科学会,第23回日本コンピュータ外科学会大会,吹田市・大阪大学,2014年11月8日~9日.
[5] 丸谷宜史,田川和義,島田伸敬,田中弘美,来見良誠,小森優,森川茂廣, ``VRシミュレータを用いた腹腔鏡下手術訓練支援フレームワーク,'' 日本コンピュータ外科学会,第23回日本コンピュータ外科学会大会,吹田市・大阪大学,2014年11月8-9日.
[6] 田川和義,田中弘美,来見良誠,小森優,森川茂廣,``遠隔指導を可能とする低侵襲手術訓練支援システムの構築 -軟組織の実時間非線形変形シミュレーションと遠隔共有手法の開発,'' 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム,草津市・立命館大学,2014年10月3日.
[7] Mary-Clare Dy,Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T.Tanaka, and Masaru Komori, ``Hierarchical Collision Detection for Rigid and Deformable Objects,'' 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム,草津市・立命館大学,2014年10月3日.
[8] 丸谷宜史,加藤十磨,田川和義,島田伸敬,田中弘美,来見良誠,小森優,森川茂廣, ``VRシミュレータを用いた腹腔鏡下手術訓練支援フレームワーク -手技の観測・分析・教示の検討-,'' 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム,草津市・立命館大学,2014年10月3日.
[9] 丸谷宜史,田川和義,島田伸敬,田中弘美,小森優,来見良誠,森川茂廣,``VRシミュレータを用いた 腹腔鏡下手術訓練支援のための手術プロセス認識・分析,'' 日本VR医学会,第14回日本VR医学会学術大会,東京都・東京大学,2014年9月13日.

ボックス2 招待講演:1件
[1] 田中弘美,``京都文化の五感体験デジタルミュージアム,'' 鳥取大学男女共同参画推進室平成26年度女性科学者が語る研究の醍醐味 第1回, May, 2014.

ボックス2 その他:1件
[1] 田中弘美,``織物の質感シミュレーション,'' 日本衣服学会誌 特集『衣服をシミュレートする』, vol. 58, no.1, pp.15--19, May, 2014.

ボックス2 展示活動:3件
[1] 栗木 涼,田川和義,田中弘美,``GPU上での時空間適応的変形計算の効率化,'' 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会, 名古屋大学, 名古屋市, Sep.18, 2014.
[2] 脇田 航,田中弘美,``「立体的」織物を視て触ってみよう!,'' 文部科学省 平成 22~24 年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 一般公開, 「祇園祭デジタル・ミュージアム展2014 乗って、見て、触って、聴いて 祇園祭をバーチャル体験!」, 京都府京都文化博物館, 京都府, July 23--25, 2014.
[3] 脇田 航,田中弘美,``薪能における能装束の光と影のゆらめき再現,'' 文部科学省 平成 22~24 年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 一般公開, 「祇園祭デジタル・ミュージアム展2014 乗って、見て、触って、聴いて 祇園祭をバーチャル体験!」, 京都府京都文化博物館, 京都府, July 23--25, 2014.

ボックス2 マスメディア報道:2件
[1] ``大船鉾もCGで巡行 祇園祭をバーチャル体験,'' KBS京都ニュース, Jul 23, 2014. [LINK]
[2] ``150年ぶり復帰の大船鉾CG動画に 立命大教授が巡行再現,'' 京都新聞, Jul 15, 2014. [LINK]

ボックス2 特許:2件
[1] 田川和義,田中弘美,``周辺組織付臓器モデル生成装置及び周辺組織付臓器モデル生成方法,'' 特願2014-095112, May 2, 2014.
[2] 田川和義,田中弘美,``遠隔地点間変形シミュレーションシステム及び変形シミュレーション装置,'' 特願2014-106718, May 23, 2014.

ボックス2 外部資金:6件
・新規:2件
[1] 坂口 嘉之, "ミクロレベルの分光画像計測による織物の光学特性の解析", 科学研究費補助金(基盤C)
[2] 丸谷 宜史, "観測とシミュレーションの統合による手術手技モデリングと力覚ベース手技教示への応用", 科学研究費補助金(若手B)

・継続:4件
[1] 田中 弘美, "触力覚に基づく技能伝承のための仮想実地訓練環境の構築", 科学研究費補助金(基盤A)
[2] 田中弘美, "織物の反射および散乱の計測とモデル化", 新学術領域研究(研究領域提案型)
[3] 脇田 航, "バイラテラル制御による手技工程解析に基づく時系列触知覚パラメータの抽出", 科学研究費補助金(基盤C)
[4] 田川 和義, "超臨場感遠隔手術訓練環境構築のための適応的・階層型埋込み柔軟物体表現と可視触化", 科学研究費補助金(基盤C)
| admin | comments (x) | trackback (x) | Publications::2014年度 |
2013年度研究業績
ボックス2 学術雑誌論文:1件
[1] 田川和義, 田中弘美, 来見良誠, 小森 優, 森川茂廣, ``臓器異型バリエーションの構成的多重解像度モデリング,'' 電子情報通信学会論文誌, vol.J96-D, no.5, pp.1365--1373, May 1, 2013.

ボックス2 国際会議論文:13件
・全文査読付:8件
[1] Toma KATO, Kazuyoshi TAGAWA, Takafumi MARUTANI, Hiromi T. TANAKA, Masaru KOMORI, Yoshimasa KURUMI, and Shigehiro MORIKAWA, ``Evaluation of Haptic Teaching Approaches for Laparoscopic Surgery Training,'' Medicine Meets Virtual Reality(MMVR21), California, USA, Feb.2014.
[2] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving of Large 3D Woven Cultural Artifacts of the "Fune-hoko", Proceedings of the IEEE International Conference on Culture and Computing(Culture and Computing 2013), pp.206--207, Suzaku Campus, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, Sept. 2013.
[3] Masaru Tsuchida, Kunio Kashino, Junji Yamato, Aki Takayanagi, Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving of Tapestries of Kyoto Gion Festival using a High-definition and Multispectral Image Capturing System", Proceedings of the IEEE International Conference on Culture and Computing(Culture and Computing 2013), pp.204--205, Suzaku Campus, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, Sept. 2013.
[4] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "A Real-time Sensing and Rendering of Haptic Perception based on Bilateral Control", ACM SIGGRAPH 2013, the 40th International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques, no.32, Anaheim Convention Center, Los Angeles, U.S.A., Jul. 2013.
[5] Kazuyoshi Tagawa, Takahiro Yamada and Hiromi T. Tanaka, "A Rectangular Tetrahedral Adaptive Mesh Based Corotational Deformation Model for Interactive Soft Tissue Simulation", Proc. of IEEE EMBC (IEEE-EMBC2013), accepted, July 7, 2013.
[6] Kazuyoshi Tagawa, Naoko Omi, Hiromi T. Tanaka, Masaru Komori, Yoshimasa Kurumi and Shigehiro Morikawa, "A Semi-Automatic Modeling Approach for Serosa and Adhesion", Proc. of IEEE EMBC (IEEE-EMBC2013), accepted, July 6, 2013.
[7] Masaru Komori, Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi and Shigehiro Morikawa, "Current Status of Organ Variation 3D Model Library Construction", Proc. of IEEE EMBC (IEEE-EMBC2013), accepted, July 6, 2013.
[8] Kazuyoshi Tagawa, Tatsuya Oishi and Hiromi T. Tanaka, "Adaptive and Embedded Deformation Model: An Approach for Haptic Interaction with Complex Inhomogeneous Objects", Proc. of WorldHaptics (IEEE-Haptics2013), pp.169-174, April 15, 2013.

・アブストラクト査読付:2件
[1] Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori and Sigehiro Morikawa, "Trainee's Action Archiving System for Supporting Laparoscopic Surgery Training", Proceedings of the 3DSA2013 International Conference on 3D Systems and Applications accepted, poster,June 28, 2013.
[2] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Real-time Haptic Sensing and Rendering based on Bilateral Control", Proceedings of the 3DSA2013 International Conference on 3D Systems and Applications accepted, June 27, 2013.

・査読無し:3件
[1] Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka, Masaru Komori, Yoshimasa Kurumi, and Shigehiro Morikawa, ``An Analysis of Expert's Hand Movements based on Surgical Process model in Laparoscopic Surgery Training,'' FCV2014, Okinawa, Japan, Feb.2014.
[2] Takafumi Marutani, Kazuyoshi Tagawa, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori, and Shigehiro Morikawa, ``A Study on Transferring Veteran’s Laparoscopic Surgical Techniques based on Surgical Process Model by Using Trainee’s Action Archiving System,'' MPR2013, Kyoto, Japan, Nov.2013.
[3] Toma Kato, Kazuyoshi Tagawa, Takafumi Marutani, Hiromi Tanaka, Masaru Komori, Yoshimasa Kurumi, and Shigehiro Morikawa, ``Evaluation of Haptic Training Methods for Laparoscopic Surgery Skill Transfer,'' MPR2013, Kyoto, Japan, Nov.2013.

ボックス2 国内会議論文:6件
・アブストラクト査読付:3件
[1] 小里篤史,赤羽克仁,脇田 航,田中弘美,``バイラテラル制御による手指操作解析に基づく触知覚パラメータの抽出,'' 第18回 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, DVD-ROM, グランフロント大阪, 大阪府, Sept. 2013.
[2] 神田 輝,赤羽克仁,脇田 航,田中弘美,佐藤 誠,``手術シミュレーションのための手首力覚提示装置の提案,'' 第18 回 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, DVD-ROM, グランフロント大阪, 大阪府, Sept. 2013.
[3] 加藤十磨,田川和義, 丸谷宜史,田中弘美,小森優,来見良誠,森川茂廣,``腹腔鏡下手術手技教育のための誘導力提示法の検討,'' 第18 回 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, DVD-ROM, グランフロント大阪, 大阪府, Sept. 2013.

・査読無:3件
[1] 神田 輝,赤羽克仁,脇田 航,田中弘美,佐藤 誠,``手術シミュレーションのための手首力覚提示装置の提案,'' 日本バーチャルリアリティ学会 力触覚の提示と計算研究会 第12回研究会, 東京大学 本郷キャンパス, March 19, 2014.
[2] 中村暁史,丸谷宜史,田川和義,田中弘美,``VRシミュレータを用いた腹腔鏡下胆嚢摘出手術訓練下での Critical View確認動作の検出,'' 2014年電子情報通信学会総合大会, 新潟大学, 新潟市, March 18-21, 2014.
[3] 丸谷宜史,加藤十磨,田川和義,島田伸敬,田中弘美,小森優,来見良誠,森川茂廣,``腹腔鏡下手術訓練支援のためのデプスセンサおよび3次元力覚提示デバイスを用いた訓練者手技の観測・提示方法の検討,'' 第13回日本VR医学会学術大会, 大阪電気通信大学, 大阪府, Aug. 2013.

ボックス2 招待講演:1件
[1] 田中弘美,``織物の質感再現,'' 日本色彩学会 関東支部・視覚情報基礎研究会共催シンポジュム「質感知覚とその評価」, pp.20-25, Jan. 2014.

ボックス2 展示活動:3件
[1] 小里篤史,赤羽克仁,脇田 航,田中弘美,``バイラテラル制御による手指操作解析に基づく触知覚パラメータの抽出,'' 第18回 日本バーチャルリアリティ学会大会, 技術展示, うめきた・グランフロント大阪 ナレッジキャピタル, 大阪市, Sept. 2013.
[2] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果一般公開, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, July 13-18, 2013.
[3] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果報告会, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 草津市, May 12-13, 2013.

ボックス2 マスメディア報道:9件
[1] ``仮想世界で鉾に「乗る」 立命大で祇園祭デジタル展,'' 京都新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[2] ``山鉾 3Dで体験…立命館大に11種の装置,'' 読売新聞, Jul 13, 2013.
[3] ``祇園祭を疑似体験   立命館大、18日まで,'' 産経新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[4] ``ぐるっと関西 おひるまえ▽京都・初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK関西(2府4県), Jun. 20, 2013.
[5] ``ニュース610 京いちにち▽京これ!初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK京都放送局, Jun. 19, 2013. [LINK]
[6] ``祇園祭を疑似体験 研究披露,'' NHK関西(2府4県), May 13, 2013.
[7] ``ニュース610 京いちにち▽祇園祭をバーチャルに再現,'' NHK京都放送局, May 12-13, 2013.
[8] ``おうみ発610 ▽祇園祭のバーチャル体験,'' NHK大津放送局, May 12-13, 2013.
[9] ``振動、音… 祇園祭を疑似体験 立命大研究、最新デジタル駆使,'' 京都新聞, May 12, 2013. [LINK]

ボックス2 外部資金:5件
・新規:2件
[1] 田中弘美, "織物の反射および散乱の計測とモデル化", 新学術領域研究(研究領域提案型)
[2] 脇田 航, "バイラテラル制御による手技工程解析に基づく時系列触知覚パラメータの抽出", 科学研究費補助金(基盤C)

・継続:3件
[1] 田中 弘美, "触力覚に基づく技能伝承のための仮想実地訓練環境の構築", 科学研究費補助金(基盤A)
[2] 坂口 嘉之, "物体色鏡面反射成分を考慮した二色性反射モデルの一般化の研究", 科学研究費補助金(基盤C)
[3] 田川 和義, "超臨場感遠隔手術訓練環境構築のための適応的・階層型埋込み柔軟物体表現と可視触化", 科学研究費補助金(基盤C)
| admin | comments (x) | trackback (x) | Publications::2013年度 |
このページの先頭へ
SEARCH
OTHERS