2008年度研究業績
ボックス2 学術雑誌論文:3件
[1] Satoshi Yamaguchi, Shigehiro Morikawa, Yoshiaki Shirai, Hiromi T.Tanaka: "Modeling of Needle Insertion for Percutaneus Minimally Invasive Therapy". International Journal of CARS2008, Vol.3, Suppl.1, pp.S295, Barcelona, Spain (June2008)
[2] 武田 祐樹, 坂口 嘉之, 田中 弘美, “少数視点画像の反射光解析に基づくシルクライク織物の異方性反射レンダリング,” 芸術科学会論文誌, Vol. 7, No. 4, pp.132-144, Dec. 2008
[3] 武田 祐樹,田中弘美, “多方向照明HDR画像を用いた金襴の多重解像度異方性BTFモデリング,” 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J91-D, No. 12, pp.2729-2738, Dec. 2008

ボックス2 国際会議論文:9件
・査読付:8件
[1] Xin Yin, and Hiromi T.Tanaka: “Developing Next-generation Virtual Museum of Traditional Japanese Arts based on Multi-view Image Analysis”. In the 37th annual international conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology (CAA 2009). pp.242-243 Virginia, United States, Mar 2009
[2] Takahide Tanaka, Satoshi Yamaguchi, Lee Jooho, Nobutaka Shimada, Hiromi T. Tanaka: “Toward Volume-based Haptic Collaborative Virtual Environment with Realistic Sensation”. Proceedings of the 2nd International Symposium on Universal Communication, pp.268-273, Osaka, Japan, Dec 2008
[3] Xin Yin, Kazuyoshi Nomura and Hiromi T. Tanaka: “Cutaneous Tactile Synthesis for Cultural Heritage Exhibition”. in the 9th International Symposium on Virtual Reality, Archaeology and Intelligen Cultural Heritage, VAST 2008, pp.63-69, Porto, Portugal, Dec 2008
[4] Shiro Tanaka, Dai Yamashiro, Hiromi T.Tanaka: ” Active Estimation of Friction Properties with Haptic Vision”. The 10th IEEE International Conference on Control Automation, Robotics and Vision, ICARCV 2008, Hanoi, Vietnam, Dec2008
[5] Jiang Yu Zheng, Yasaswy Bhupalam,, Hiromi T.Tanaka: "Understanding Vehicle Motion via Spatial Integration". IEEE Proceedings Computer Vision and Pattern Recognition (ICPR2008), Dec 2008
[6] Xin Yin, Tadahiro Fujimoto, Norishige Chiba, and Hiromi T. Tanaka: “Automatic Modeling Naural Object Based on Colony Optimization”. 2008 ASIAGRAPH 論文集, Vol.2, No.1, pp.328, Shanghai, China, June 2008
[7] Xin Yin, Tetsu Eto, Ryo Akama, Kazuaki Nagai, and Hiromi T. Tanaka: “Digital Woodcut Measurement and Ancient Hanpon Rendering”. 2008 ASIAGRAPH 論文集,Vol.2, No.1, pp.31-36, Shanghai, China, June 2008
[8]Tomoya Nakamura, Hiromi Tanaka: “Area Segmentation based on Reflection Analysis with High Dynamic Range Image”, OZ-09 International Symposium on Nanostractures, March 2009

・招待:1件
[1] Hiromi T. Tanaka: "The Digital Humanities Center for Japanese Atrts andCultures -3D Object Modeling and Visualization of Cultural Heritages". The Microsoft Research Asia e-Heritage Workshop, Beijing, July 2008

ボックス2 国内会議論文:14件
・査読付:5件
[1] Xin Yin, Tetsu Eto, Ryo Akama, Kazuaki Nagai, and Hiromi T. Tanaka. Virtual Printing and Representing Appearance of Hanpon.情報処理学会「画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'08)」論文集, pp.1288-1293, 2008年7月
[2] 山城 大, 田中 士郎, 村井 博一, 田中 弘美,?Wハプティックビジョンに基づく物体間の摩擦特性抽出, “情報処理学会「画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'08)」論文集, pp.1618-1625, 2008年7月
[3] 亀井 啓子,武田 祐樹, 中村 友哉, 田中 弘美, “多視点ハイダイナミックレンジ画像を用いた織布の反射特性の抽出,”情報処理学会「画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'08)」論文集, pp.753-759, 2008年7月
[4] 武田 祐樹, 田中 弘美, “多方向照明HDR画像を金襴の多重解像度異方性BTFモデリング,”情報処理学会「画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'08)」論文集, pp.1516-1523, 2008年7月
[5] 笠原 啓雅, 松崎 淳,島田 伸敬,田中 弘美, “把持パターン画像の学習に基づく欠損画素復元と物体認識,”情報処理学会「画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'08)」論文集, pp.623-628, 2008年7月

・査読無:9件
[1] 尹 新, 衛藤 徹, 赤間亮, 永井 一彰, 田中 弘美: “三次元デジタル板木を用いて版本の仮想印刷とレンダリング”. 第4回デジタルコンテンツシンポジウム講演予稿集, 5-3, 千葉, June 2008
[2]田中 孝英, 山口 哲, 辻野 圭則, 島田 新敬, 李 周浩, 田中 弘美 “オンラインリメッシュボリュームモデルを用いたパラメータ同期交信型遠隔協同環境の構築” 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, CD-R T8, September 2008
[3]辻野 圭則, 中川 智史, 山口 哲, 田中 弘美 “適応的四面体ボリュームメッシュのオンラインリメッシュ法を用いた剥離シミュレーション” 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, CD-R 2A3-4, September 2008
[4]山下 裕礼, 藤井 健史, 山口 哲, 田中 弘美: “ボリュームデータのオンラインリメッシュ法をによる穿刺シミュレーション”, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, CD-R 2A3-5, September 2008
[5]野村 和義, 尹 新, 田中 弘美: “音と振動による文化財鑑賞システムの研究”, 日本バーチャルリアリティ学会第13回大会論文集, CD-R 3B2-6, September 2008
[6] 佐竹功次, 山路義生, 山口哲, 田中弘美: “領域拡張法と確率アトラスを用いた3次元非造影腹部CT画像からの肝臓領域抽出法”,電子情報通信学会, 信学技報, Vol.108, No.45, pp.81-85, May 2008
[7]藤井健史、山下裕礼、山口哲、田中弘美:”マルチレート・オンラインリメッシュ法に基づく物理モデルを考慮した穿刺シミュレーション”,情報処理学会第17回全国大会, March 2009
[8] 中川智史、山口哲、平井慎一、田中弘美:”連続体力学に基づくオンラインリメッシュ型変形シミュレーション”, 情報処理学会第17回全国大会, March 2009
[9] 山岡励、山口哲、田中孝英、田中弘美:”力覚を伴うボリュームベース遠隔仮想協働環境における交信データの時刻同期制御”, 情報処理学会第17回全国大会, No.4-pp679, March 2009
| admin | comments (x) | trackback (x) | Publications::2008年度 |
このページの先頭へ
SEARCH
OTHERS