直接インタラクション可能な実物体指向浮世絵鑑賞システムに関する研究
 有形文化財は年月が経つにつれて劣化していくため,デジタルアーカイブに関する研究が進められている.また近年ではAR技術の確立によって,仮想空間上の物体を実世界に重畳表示することが可能になってきた.しかし,AR技術だけではデジタル文化財を直接触りながら鑑賞することは困難である.また,博物館等ではデジタル文化財に対して直接インタラクション可能なシステムの実現が期待されている.そこで本研究では,実物の和紙に浮世絵を重畳表示させることにより,実物体としての触感を感じながら,仮想物体である浮世絵に対して直接インタラクション可能な鑑賞システムの開発を行っている.


ボックス2 関連業績
著書:
[1] 八村広三郎, 田中弘美, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第2章: デジタル・ミュージアムの実現に向けて, ナカニシヤ出版, pp.16-37, Mar. 2012.
[2] 田中弘美, 脇田 航, 尹新, 土田 勝, 坂口義之, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第7章: 有形文化財の視触覚モデリングと呈示, ナカニシヤ出版, pp.108-134, Mar. 2012.
[3] Kozaburo Hachimura and Hiromi T. Tanaka, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 2: Towards the Realization of the Digital Museum, Nakanishiya Shuppan, pp.16-37, Mar. 2012.
[4] Hiromi T. Tanaka, Wataru Wakita, Xin Yin, Masaru Tsuchida, and Yoshiyuki Sakaguchi, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 7: Visuo-haptic Modeling and Presentation of Tangible Cultural Properties, Nakanishiya Shuppan, pp.280-309, Mar. 2012.

学術雑誌論文:
[1] Wataru Wakita,Jiro Hara,and Hiromi T. Tanaka, "A Real-Object-Oriented Exhibition System of Ukiyo-e with Anisotropic Reflection Properties", ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.209--216, July 1, 2014.

国際会議論文:
・全文査読付:
[1] Yuki Takeda, Jiro Hara, Wataru Wakita, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, "Development of a Portable Anisotropic Reflectance Measurement System for Modeling and Rendering of Bidirectional Texture Functions", ACM SIGGRAPH 2012 Posters, vol.38, Aug. 2012.
[2] Wataru Wakita, Jiro Hara, Hiromi T. Tanaka, ``A Real Object Oriented Ukiyo-e Exhibition Interface,'' Proceedings of the Haptic and Audio Interaction Design 2011 (HAID2011), Ritsumeikan University Biwako Kusatsu Campus, Japan, Aug. 25--26, 2011.

・要約査読付:
[1] Wataru Wakita, Jiro Hara, and Hiromi T. Tanaka, ``A Real Object Oriented VisuoHaptic Interaction System for Anisotropic Reflection Rendering of Ukiyo-e,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 10, 2011.

国内会議論文:
・アブストラクト査読あり:
[1] 脇田 航, 小里篤史, 田中弘美, "浮世絵の異方性反射特性の提示方式に関する検討", 第17回 日本バーチャルリアリティ学会大会, Sep.14, 2012.
[2] 原 次良, 脇田 航,田中 弘美, ``実物体思考浮世絵展示システム'', 第16回日本バーチャルリアリティ学会大会,公立はこだて未来大学,Sep 21, 2011

・査読なし:
[1] 武田祐樹, 原 次良, 脇田 航, 坂口嘉之, 田中弘美, "ポータブル光学異方性反射測定装置を用いた異方性反射モデリング手法の提案 ", MIRU2012,第15回 画像の認識・理解シンポジウム, 福岡国際会議場, 福岡市, Aug.6, 2012.

展示活動:
[1] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果一般公開, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, July 13-18, 2013.
[2] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果報告会, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 草津市, May 12-13, 2013.
[3] 脇田 航, 小里篤史, 田中弘美, "浮世絵の異方性反射特性の提示方式に関する検討", 技術展示, 第17回 日本バーチャルリアリティ学会大会,慶応義塾大学日吉キャンパス, Sep.12-14, 2012.
[4] Wataru Wakita, Jiro Hara, and Hiromi T. Tanaka, ``A Real Object Oriented VisuoHaptic Interaction System for Anisotropic Reflection Rendering of Ukiyo-e,'' International Symposium Human Body Motion Analysis with Motion Capture, Demonstration, Ritsumeikan University, Jan. 21, 2012.
[5] Wataru Wakita, Jiro Hara, and Hiromi T. Tanaka, ``A Real Object Oriented VisuoHaptic Interaction System for Anisotropic Reflection Rendering of Ukiyo-e,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 10, 2011.
[6] 原 次良,脇田 航,田中 弘美, ``実物体指向浮世絵展示システム'', 第16回日本バーチャルリアリティ学会大会,公立はこだて未来大学, Sep 20-22, 2011.

マスメディア報道:
[1] ``仮想世界で鉾に「乗る」 立命大で祇園祭デジタル展,'' 京都新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[2] ``山鉾 3Dで体験…立命館大に11種の装置,'' 読売新聞, Jul 13, 2013.
[3] ``祇園祭を疑似体験   立命館大、18日まで,'' 産経新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[4] ``ぐるっと関西 おひるまえ▽京都・初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK関西(2府4県), Jun. 20, 2013.
[5] ``ニュース610 京いちにち▽京これ!初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK京都放送局, Jun. 19, 2013.
[6] ``祇園祭を疑似体験 研究披露,'' NHK関西(2府4県), May 13, 2013.
[7] ``ニュース610 京いちにち▽祇園祭をバーチャルに再現,'' NHK京都放送局, May 12-13, 2013.
[8] ``おうみ発610 ▽祇園祭のバーチャル体験,'' NHK大津放送局, May 12-13, 2013.
[9] ``振動、音… 祇園祭を疑似体験 立命大研究、最新デジタル駆使,'' 京都新聞, May 12, 2013. [LINK]

外部資金:
[1] ``複合現実型デジタル・ミュージアム,'' 文部科学省科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」, 研究期間:2010--2012年度.
[2] ``京都アート・エンタテインメントの時空散歩,'' 文部科学省研究開発事業「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」, 研究期間:2009年度.
| admin | comments (x) | trackback (x) | Projects |
文化財の直接的VR展示システムに関する研究
 デジタルアーカイブの分野において,高精細に文化財を保存し,多感覚情報を用いてリアルタイムに再現する必要がある.しかしながら,高精細に計測したモデルをコンピュータ上で高速に処理することは困難であるため,リアルタイムかつ高精細に文化財の多感覚による再現を行うことは困難である.また,多感覚情報を用いてより直観的に文化財を展示するには,文化財を直接タッチ可能な展示インタフェースが必要である.そこで本研究では,超高精細にアーカイブ化された文化財モデルを直接タッチ可能な展示システムの開発や,超高精細モデルをリアルタイムに多感覚提示可能な手法に関する研究開発を行っている.


ボックス2 関連業績
著書:
[1] 八村広三郎, 田中弘美, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第2章: デジタル・ミュージアムの実現に向けて, ナカニシヤ出版, pp.16-37, Mar. 2012.
[2] 田中弘美, 脇田 航, 尹新, 土田 勝, 坂口義之, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第7章: 有形文化財の視触覚モデリングと呈示, ナカニシヤ出版, pp.108-134, Mar. 2012.
[3] Kozaburo Hachimura and Hiromi T. Tanaka, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 2: Towards the Realization of the Digital Museum, Nakanishiya Shuppan, pp.16-37, Mar. 2012.
[4] Hiromi T. Tanaka, Wataru Wakita, Xin Yin, Masaru Tsuchida, and Yoshiyuki Sakaguchi, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 7: Visuo-haptic Modeling and Presentation of Tangible Cultural Properties, Nakanishiya Shuppan, pp.280-309, Mar. 2012.

学術雑誌論文:
[1] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka,``A Digital Archiving for Large 3D Woven Cultural Artifacts Exhibition," ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol.2, no.3, pp.236--247, July 1, 2014.

国際会議論文:
・全文査読付:
[1] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving of Large 3D Woven Cultural Artifacts of the "Fune-hoko", Proceedings of the IEEE International Conference on Culture and Computing(Culture and Computing 2013), pp.206--207, Suzaku Campus, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, Sept. 2013.
[2] Masaru Tsuchida, Kunio Kashino, Junji Yamato, Aki Takayanagi, Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving of Tapestries of Kyoto Gion Festival using a High-definition and Multispectral Image Capturing System", Proceedings of the IEEE International Conference on Culture and Computing(Culture and Computing 2013), pp.204--205, Suzaku Campus, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan, Sept. 2013.
[3] Wataru Wakita, Masaru Tsuchiday, Shiro Tanaka, Takahito Kawanishi, Kunio Kashino, Junji Yamato, and Hiromi T. Tanaka, "High-resolution and Multi-spectral Capturing for Digital Archiving of Large 3D Woven Cultural Artifacts", Lecture Notes in Computer Science, The 11th Asian Conference on Computer Vision(ACCV 2012), vol.7729, pp 83-93, Mar. 2013.
[4] Yuki Takeda, Jiro Hara, Wataru Wakita, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, "Development of a Portable Anisotropic Reflectance Measurement System for Modeling and Rendering of Bidirectional Texture Functions", ACM SIGGRAPH 2012 Posters, vol.38, Aug. 2012.
[5] Wataru Wakita, Masaru Tsuchida, Shiro Tanaka, Takahito Kawanishi, Kunio Kashino, Junji Yamato, and Hiromi T. Tanaka, "High-definition and Multispectral Capturing for Digital Archiving of Large 3D Woven Cultural Artifacts", ACM SIGGRAPH 2012 Posters, vol.19, Aug. 2012.
[6] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving of Large 3D Woven Cultural Artifacts", Eurographics 2012 Posters, pp.21-22, May 2012.
[7] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, Hiromi T. Tanaka, ``A Multi-scale and Multimodal Direct Interaction System for the 3D Cultural Artifact Exhibition,'' Proceedings of the Haptic and Audio Interaction Design 2011 (HAID2011), Ritsumeikan University Biwako Kusatsu Campus, Japan, Aug. 25--26, 2011.(ポスター発表)
[8] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi T. Tanaka, ``A Realtime and Direct-touch Interaction for 3D Woven Cultural Artifact Exhibition,'' The 3rd ACM SIGGRAPH Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques in Asia(SIGGRAPH ASIA 2010), Seoul, Korea, December, 2010.
[9] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi T. Tanaka, ``A Texture-based Direct-touch Interaction System for 3D Woven Cultural Property Exhibition,'' Proceedings of 11th Asian Conference on Computer Vision(ACCV 2010), Queenstown, New Zealand, November 8, 2010., R. Koch et al. (Eds.): ACCV 2010 Workshops, Part II, LNCS 6469, pp.324--333, Springer, Heidelberg, 2011.
[10] Masaru Tsuchida, Keiji Yano and Hiromi T. Tanaka, ``Development of a High-definition and Multispectral Image Capturing System for Digital Archiving of Early Modern Tapestries of Kyoto Gion Festival,'' Proceedings of International Conference on Pattern Recognition 2010 (ICPR2010), August, 2010.

・要約査読付:
[1] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, ``3D Digital Archive of the Large 3D Woven Cultural Artifact,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 9, 2011.

・招待:
[1] Liang Li, Kyoko Hasegawa, Takahiro Fukumori, Wataru Wakita, Satoshi Tanaka, Takanobu Nishiura, Kozaburo Hachimura, Hiromi T. Tanaka, "Digital Museums of Cultural Heritages in Kyoto: The Gion Festival in a Virtual Space", Proceedings of the HCI International 2014, Creta Maris, Heraklion, Crete, Greece, Jun. 2014. Lecture Notes in Computer Science, in press, 2014.
[2] Wataru Wakita, Masaru Tsuchida, Junji Yamato, and Hiromi T. Tanaka, "Digital Archiving and Large-scale Visuo-haptic Display of Large 3D Woven Cultural Artifacts", Proceedings of the 19th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2012 (IDW/AD '12), Dec. 6, 2012.
[3] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi T. Tanaka, ``A Realtime and Direct-touch Interaction System for the 3D Cultural Artifact Exhibition,'' Proceedings of the 14th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII 2011), July 14, 2011., Virtual and Mixed Reality, LNCS 6774, inpress, Springer, Heidelberg, 2011.
[4] Hiromi T. Tanaka, Kozaburo Hachimura, Keiji Yano, Satoshi Tanaka, Kohei Furukawa, Takanobu Nishiura, Masaru Tsutida, Woong Choi, and Wataru Wakita, ``Multimodal Digital Archiving and Reproduction of the World Cultural Heritage ``Gion Festival in Kyoto'','' Proceedings of the ACM SIGGRAPH Sponsored 9th International Conference on VR Continuum and Its Applications in Industry(VRCAI2010), COEX, Seoul, Korea, December 12--13, 2010.
[5] Hiromi T. Tanaka, Keiji Yano, Kozaburo Hachimura, Takanobu Nishiura, Woong Choi, Takahiro Fukumori, Kohei Furukawa, Wataru Wakita, Masaru Tsuchida, and Naoki Saiwaki, ``Digital Archiving of the World Intangible Cultural Heritage ``Gion Festival in Kyoto'': Reproduction of ``Fune-boko'' Float of the Gion Festival Parade in ``Virtual Kyoto'','' Proceedings of the ASIAGRAPH 2010, Shanghai, China, June 12, 2010.

・査読なし:
[1] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, "A Multi-scale and Direct-touchable Immersive Visuo-haptic Interface", Proceedings of the 8th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2012), 九州大学, Oct. 2012.
[2] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi T. Tanaka, ``A Texture-based Direct-touch Interaction for 3D Woven Cultural Property Exhibition,'' Proceedings of the Sixth Joint Workshop on Machine Perception and Robotics(MPR 2010), Kyushu University, Fukuoka, Japan, October 9, 2010.

国内会議論文:
・アブストラクト査読あり:
[1] 脇田 航, 赤羽克人, 一色正晴, 田中弘美, "大型立体的織物文化財の没入型VR展示システム", 第17回 日本バーチャルリアリティ学会大会, Sep. 14, 2012.
[2] 脇田 航,赤羽克人,一色正晴,田中弘美,``三次元デジタルアーカイブモデルへのテクスチャベースの視触力覚提示システム,'' 第15回日本バーチャルリアリティ学会全国大会論文抄録集, DVD-ROM, 金沢工業大学 扇が丘キャンパス, 石川郡, September 17, 2010.

・査読なし:
[1] 武田祐樹, 原 次良, 脇田 航, 坂口嘉之, 田中弘美, "ポータブル光学異方性反射測定装置を用いた異方性反射モデリング手法の提案 ", MIRU2012,第15回 画像の認識・理解シンポジウム, 福岡国際会議場, 福岡市, Aug.6, 2012.
[2] 脇田 航,野村和義,赤羽克人,一色正晴,田中弘美,“織物のデジタル文化財のリアルタイムかつ直接的視触覚提示システム,” 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎, Vol.110, No.381, pp.305‐309, 立命館大学びわこ・くさつキャンパス, January 21, 2011.

展示活動:
[1] 脇田 航,田中弘美,``「立体的」織物を視て触ってみよう!,'' 文部科学省 平成 22~24 年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 一般公開, 「祇園祭デジタル・ミュージアム展2014 乗って、見て、触って、聴いて 祇園祭をバーチャル体験!」, 京都府京都文化博物館, 京都府, July 23--25, 2014.
[2] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果一般公開, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, July 13-18, 2013.
[3] 文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果報告会, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 草津市, May 12-13, 2013.
[4] 脇田 航, 赤羽克人, 一色正晴, 田中弘美, "大型立体的織物文化財の没入型VR展示システム", 技術展示, 第17回 日本バーチャルリアリティ学会大会,慶応義塾大学日吉キャンパス, Sep.12-14, 2012.
[5] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi Tanaka, ``Directly Visuo-haptic Rendering System of the 3D Woven Cultural Artifact,'' International Symposium Human Body Motion Analysis with Motion Capture, Demonstration, Ritsumeikan University, Jan. 21, 2012.
[6] Wataru Wakita and Hiromi T. Tanaka, ``3D Digital Archive of the Large 3D Woven Cultural Artifact,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 9, 2011.
[7] Wataru Wakita, Katsuhito Akahane, Masaharu Isshiki, and Hiromi T. Tanaka, ``A Multi-scale and Multimodal Direct Interaction System for the 3D Cultural Artifact Exhibition,'' The 6th International Workshop on Haptic and Audio Interaction Design(HAID 2011), Demonstration, Ritsumeikan University, Kusatsu, Japan, Aug. 25--26, 2011.
[8] 脇田 航,赤羽克人,一色正晴,田中弘美,``三次元デジタルアーカイブモデルへのテクスチャベースの視触力覚提示システム,'' 第15回日本バーチャルリアリティ学会全国大会(技術展示), 金沢工業大学 扇が丘キャンパス, 石川郡, September 15--17, 2010.
[9] 脇田 航,田中弘美,``京都アート・エンタテインメントの時空散歩 -バーチャル京都:祇園祭 船鉾の再現-,'' デモ・ポスター展示「装飾品の触覚体験」,ポスター展示「直接タッチ可能な触覚ディスプレイ」, 国立京都 国際会館,京都府,June 5, 2010.
[10] 脇田 航,田中弘美,``京都アート・エンタテインメントの時空散歩 -バーチャル京都:祇園祭 船鉾の再現-,'' デモ・ポスター展示「装飾品の触覚体験」,デモ・ポスター展示「直接タッチ可能な触覚ディスプレイ」, 立命館大学歴史都市防災研究センター,京都府,March 31-April 27, 2010.
[11] 脇田 航,田中弘美,``京都アート・エンタテインメントの時空散歩 -バーチャル京都:祇園祭 船鉾の再現-,'' デモ・ポスター展示「装飾品の触覚体験」, 京都府京都文化博物館別館ロビー,京都府,January 8-11, 2010.

マスメディア報道:
[1] ``仮想世界で鉾に「乗る」 立命大で祇園祭デジタル展,'' 京都新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[2] ``山鉾 3Dで体験…立命館大に11種の装置,'' 読売新聞, Jul 13, 2013.
[3] ``祇園祭を疑似体験   立命館大、18日まで,'' 産経新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[4] ``ぐるっと関西 おひるまえ▽京都・初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK関西(2府4県), Jun. 20, 2013.
[5] ``ニュース610 京いちにち▽京これ!初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK京都放送局, Jun. 19, 2013.
[6] ``祇園祭を疑似体験 研究披露,'' NHK関西(2府4県), May 13, 2013.
[7] ``ニュース610 京いちにち▽祇園祭をバーチャルに再現,'' NHK京都放送局, May 12-13, 2013.
[8] ``おうみ発610 ▽祇園祭のバーチャル体験,'' NHK大津放送局, May 12-13, 2013.
[9] ``振動、音… 祇園祭を疑似体験 立命大研究、最新デジタル駆使,'' 京都新聞, May 12, 2013. [LINK]

外部資金:
[1] 文部科学省 科学技術研究費,若手研究(B),脇田 航(研究代表者),デジタルミュージアム実現のための直接タッチ可能な実物大展示システムに関する研究, 2011~2012.(4,420千円)
[2] ``複合現実型デジタル・ミュージアム,'' 文部科学省科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」, 研究期間:2010--2012年度.
[3] ``京都アート・エンタテインメントの時空散歩,'' 文部科学省研究開発事業「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」, 研究期間:2009年度.

受賞:
[1] 脇田 航,電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会2010年度1月研究会MVE賞 (2011/10)
| admin | comments (x) | trackback (x) | Projects |
このページの先頭へ
SEARCH
OTHERS