薪能のデジタルアーカイブに関する研究
 日本の伝統芸能である能楽には,薪能と呼ばれる能舞台の周囲にかがり火を焚いて演目を演じる能が存在する.本研究では,薪能のデジタルアーカイブとして,露光時間を変化させ獲得した多方向照明HDR(High Dynamic Range)画像の反射光解析に基づく能装束レンダリング手法,動的照明下における織物のレンダリング手法,松明の揺れる炎のモデル化及び、よりリアルなレンダリング手法,織物のリアルタイム変形シミュレーション及びシミュレーションの高速化に関する研究開発を行っている.



ボックス2 関連業績
著書:
[1] 八村広三郎, 田中弘美, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第2章: デジタル・ミュージアムの実現に向けて, ナカニシヤ出版, pp.16-37, Mar. 2012.
[2] 田中弘美, 脇田 航, 尹新, 土田 勝, 坂口義之, "デジタルアーカイブの新展開(八村,田中編)", 第7章: 有形文化財の視触覚モデリングと呈示, ナカニシヤ出版, pp.108-134, Mar. 2012.
[3] Kozaburo Hachimura and Hiromi T. Tanaka, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 2: Towards the Realization of the Digital Museum, Nakanishiya Shuppan, pp.16-37, Mar. 2012.
[4] Hiromi T. Tanaka, Wataru Wakita, Xin Yin, Masaru Tsuchida, and Yoshiyuki Sakaguchi, "New Developments in Digital Archives(Kozaburo Hachimura, and Tiromi T. Tanaka eds.)'', Chapter 7: Visuo-haptic Modeling and Presentation of Tangible Cultural Properties, Nakanishiya Shuppan, pp.280-309, Mar. 2012.

学術雑誌論文:
[1] 脇田 航,古川耕平,八村広三郎,田中弘美,``反射光解析に基づく薪能のリアルタイムCG表現,'' 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, vol.20, no.1, in press, Mar. 2015.
[2] Yasuhiro Nishiwaki,Wataru Wakita, and Hiromi T. Tanaka,"Real-time Anisotropic Reflectance Rendering of Noh-Costume with Bonfire Flickering Effect", ITE Transactions on Media Technology and Applications, accepted, Jul. 2014.
[3] 尾崎僚,西脇靖洋,武田祐樹,湯原 卓広,田中 弘美,"多方向照明HDR画像を用いたシルクライク織物の3次元織構造モデリング",日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.14(3),pp.315-324,Sep. 2009.
[4] 武田 祐樹, 坂口 嘉之, 田中 弘美, “少数視点画像の反射光解析に基づくシルクライク織物の異方性反射レンダリング,” 芸術科学会論文誌, Vol. 7, No. 4, pp.132-144, Dec. 2008
[5] 武田 祐樹,田中弘美, “多方向照明HDR画像を用いた金襴の多重解像度異方性BTFモデリング,” 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J91-D, No. 12, pp.2729-2738, Dec. 2008

国際会議論文:
・全文査読付:
[1] Yuki Takeda, Jiro Hara, Wataru Wakita, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, "Development of a Portable Anisotropic Reflectance Measurement System for Modeling and Rendering of Bidirectional Texture Functions", ACM SIGGRAPH 2012 Posters, vol.38, Aug. 2012.
[2] Ryo OZAKI, Yasuhiro Nishiwaki, Yuki TAKEDA, Takahiro YUHARA, Hiromi T. TANAKA,“Weave Pattern Modeling of Silk- like Fabrics from Multi-illuminated HDR Image Analysis”, 12th International Conference on Computer Vision Workshop, ICCV Workshop, 2009 IEEE, (2009.09.27-10.04)

・要約査読付:
[1] Yasuhiro Nishiwaki, Wataru Wakita, Shiro Tanaka and Hiromi T. Tanaka, "Anisotropic Reflectance Rendering of Noh-Kimono Costumes in Dynamic Lighting Environments with Bonfire", Proceedings of the Fifth IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP) 2014, accepted, Intel campus in Santa Clara, California, May 3-4, 2014.
[2] Wataru Wakita, Yasuhiro Nishiwaki, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, ``Realtime Anisotropic Reflection Rendering of the Noh Costume under Burning Torches,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 11, 2011.

国内会議論文:
・査読なし:
[1] 尾崎遼, 西脇靖洋, 武田祐樹, 湯原卓広, 田中弘美“多方向照明HDR画像を用いたシルクライク織物の3次元織構造モデリング”, 第12回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009),IS3-71,pp1134-1141,くにびきメッセ, 島根県, July 20-22, 2009.7

その他:
田中弘美,``織物の質感シミュレーション,'' 日本衣服学会誌 特集『衣服をシミュレートする』, vol. 58, no.1, pp.15--19, May, 2014.

展示活動:
[1] 脇田 航,田中弘美,``薪能における能装束の光と影のゆらめき再現,'' 文部科学省 平成 22~24 年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 一般公開, 「祇園祭デジタル・ミュージアム展2014 乗って、見て、触って、聴いて 祇園祭をバーチャル体験!」, 京都府京都文化博物館, 京都府, July 23--25, 2014.
[2] 脇田 航,田中弘美,文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果一般公開, 立命館大学朱雀キャンパス, 京都府, July 13-18, 2013.
[3] 脇田 航,田中弘美,文部科学省 平成22~24年度科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」複合現実型デジタル・ミュージアム 成果報告会, 立命館大学びわこくさつキャンパス, 草津市, May 12-13, 2013.
[4] Wataru Wakita, Yasuhiro Nishiwaki, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, ``Realtime Anisotropic Reflection Rendering of the Noh Costume under Burning Torches,'' International Symposium Human Body Motion Analysis with Motion Capture, Demonstration, Ritsumeikan University, Jan. 21, 2012.
[5] Wataru Wakita, Yasuhiro Nishiwaki, Yoshiyuki Sakaguchi, and Hiromi T. Tanaka, ``Realtime Anisotropic Reflection Rendering of the Noh Costume under Burning Torches,'' The 13th IEEE International Conference on Computer Vision(ICCV2011), Demonstration, Fira de Barcelona, Barcelona, Spain, Nov. 11, 2011.

マスメディア報道:
[1] ``仮想世界で鉾に「乗る」 立命大で祇園祭デジタル展,'' 京都新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[2] ``山鉾 3Dで体験…立命館大に11種の装置,'' 読売新聞, Jul 13, 2013.
[3] ``祇園祭を疑似体験   立命館大、18日まで,'' 産経新聞, Jul 13, 2013. [LINK]
[4] ``ぐるっと関西 おひるまえ▽京都・初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK関西(2府4県), Jun. 20, 2013.
[5] ``ニュース610 京いちにち▽京これ!初おひろめへ!乗って触れる祇園祭,'' NHK京都放送局, Jun. 19, 2013.
[6] ``祇園祭を疑似体験 研究披露,'' NHK関西(2府4県), May 13, 2013.
[7] ``ニュース610 京いちにち▽祇園祭をバーチャルに再現,'' NHK京都放送局, May 12-13, 2013.
[8] ``おうみ発610 ▽祇園祭のバーチャル体験,'' NHK大津放送局, May 12-13, 2013.
[9] ``振動、音… 祇園祭を疑似体験 立命大研究、最新デジタル駆使,'' 京都新聞, May 12, 2013. [LINK]

外部資金:
[1] ``複合現実型デジタル・ミュージアム,'' 文部科学省科学技術試験研究委託事業「デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発」, 研究期間:2010--2012年度.
[2] ``京都アート・エンタテインメントの時空散歩,'' 文部科学省研究開発事業「デジタル・ミュージアム実現のための研究開発に向けた要素技術及びシステムに関する調査検討」, 研究期間:2009年度.

| admin | comments (x) | trackback (x) | Projects |
このページの先頭へ
SEARCH
OTHERS